斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会,1966)の失われた文献リスト

14 Aug 2019

斎藤正彦『線型代数入門』(東京大学出版会,1966)のあとがきでは,この本の内容に関わる歴史が,文献とともに紹介されていました。


三体問題を解く難しさ

10 Jul 2019

三体問題の例として,ピラゴラス三体問題を試します。三体問題を解くのは難しいということを知っていると,小説『三体』をもっと楽しめるかもしれません。


谷合廣紀(著),辻真吾(監修)『Pythonで理解する統計解析の基礎』

16 Sep 2018

谷合廣紀(著),辻真吾(監修)『Pythonで理解する統計解析の基礎』(技術評論社,2018)は,統計学の勉強にPythonを活用することを提案する書籍です。「PYTHON × MATH SERIES」というシリーズの最初の1冊のようです。勉強に使う道具として紙と鉛筆を想定して書かれた教科書を読むのはなかなか大変なので,こうやってコンピュータを活用する教科書がどんどん出てくるといいと思います。


WordPressからJekyllへの移行手順

18 Aug 2018

ココログ→Movable Type(自前サーバ)→WordPress(自前サーバ)と移ってきたブログを,静的なものにしてGitHub Pagesに置くことにしました。


ホフスタッター『わたしは不思議の環』

10 Aug 2018

『ゲーデル・エッシャー・バッハ』(GEB)で書いたはずの「生命のない物質から生命のある存在がどのように生まれるか」という問いへの再挑戦。


「母数」の誤用について

15 Jan 2018

「母数」(parameter)は統計の術語で,「確率分布を特定するための定数」のことです。たとえば,確率分布の一つである正規分布は,平均と分散を決めることで特定されます。ですから,平均と分散は正規分布の母数です。


RでIntel Math Kernel Libraryを使う方法

29 Nov 2017

Intel Math Kernel Library(以下MKL。フリーソフトウェアではないが無料)を使うようにRをビルドして高速化する方法です。R benchmarksで公開されているR benchmark 2.5なら,3倍くらい速くなります。こんな手間をかけなくても,Microsoft R Openを入れるだけで同じ効果を得られるのですが,「-O3 -march=native」でビルドしたら速いのかな?などと思う方のためのメモです。


岩波文庫の書誌として最も信頼できるのは何か

18 Nov 2017

移動しました。


クリスチャン『機械より人間らしくなれるか?』(イシグロのノーベル文学賞受賞を祝って)

05 Oct 2017

囲碁や将棋のトッププロが人工知能に負け,「人間の棋士にしか見せられないものを」みたいなことが言われるようになって久しいわけですが,そういうことは,これまでもあったし,これからもあるでしょう。


インテルによる「ポーカーの手の判別の並列化」

16 Aug 2017

インテル デベロッパー・ゾーンで公開されている「C++ 11 でマルチスレッド・コードを記述する」という記事の,「ポーカーの手の判別は並列化しても速くならない」という主張について調べた結果,私の環境で4.9秒かかる元記事の処理が,0.68秒で終わるようになりました.(コード