Books

Selected Papers

Theses

  • Representation Schemes for Evolutionary Automatic Programming. Ph.D. Thesis, The University of Tokyo, Department of Frontier Informatics, Graduate School of Frontier Sciences, 2004. (abstract) (進化計算による自動プログラミングのための表現の研究. 博士論文, 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻, 2004. 概要
  • 遺伝的アルゴリズムによる量子計算のための自動回路生成. 修士論文, 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻, 2001.

Invited lecture

情報教育におけるクラウドの活用. IPA中小企業クラウドセキュリティシンポジウム2011(IPA情報セキュリティ月間記念シンポジウム2011). 情報処理推進機構, 2011年2月25日.(ベルサール飯田橋)

Commentary

  • 雑誌表紙 矢吹太朗, 伊庭斉志. Swarmによる複雑系のシミュレーション. シミュレーション, Vol. 23, No. 3, pp.7–12, 9月 2004.
  • 矢吹太朗, 伊庭斉志. 量子コンピュータってどんなもの? 映像情報メディア学会誌, Vol.55, No. 8/9, pp. 1113–1114, 2001.

Translation

群れが生み出す知能. 日経サイエンス, 7月号, pp. 18–26, 2000. (Eric Bonabeau and Guy Theraulaz. Swarm smarts. Scientific American, p. 54, March 2000.)

Others

Sudoku

Music criticism

Computer Today

  • 矢吹太朗, 伊庭斉志. 進化論と進化論的計算. Computer Today, No. 114, pp. 57–65, 3月 2003.
  • 矢吹太朗, 伊庭斉志. 知的なエージェントの学習環境. Computer Today, No. 113, pp. 44–51, 1月 2003.
  • 矢吹太朗, 伊庭斉志. No free lunch theorems—理想の**の探し方—. Computer Today, No. 106, pp. 57–64, 11月 2001.

CodeZine連載「PEARライブラリ活用」

  1. PHPにおける日付と時刻の混乱. CodeZine, 2007.
  2. I18Nv2による日時と通貨・数値の表記国際化. CodeZine, 2008.
  3. PHPにおけるグラフ描画とアルゴリズム. CodeZine, 2008.
  4. PEAR MDB2でPHPからデータベースを操作する. CodeZine, 2008.
  5. PHPにおけるUnicode文字列の正規化. CodeZine, 2008.
  6. Fibonacci数の計算で学ぶ、PHPでの多倍長整数の扱いとベンチマーク方法. CodeZine, 2008.
  7. PHPでAmazon Web Servicesを利用する. CodeZine, 2008.
  8. Gettextによるウェブアプリケーションの国際化と地域化. CodeZine, 2008.
  9. Math_Vector/Math_Matrixによるベクトルと行列の操作方法. CodeZine, 2008.
  10. PHP_LexerGeneratorとPHP_ParserGeneratorを利用してPHPで独自の言語を実装する方法. CodeZine, 2008.